プチ断食のススメ!4つの嬉しい効果とダイエットとの関係とは

“プチ断食”というワードを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 健康やダイエットに良いというけど、「なんか大変そうだし難しそう……」そんな風に思っていませんか?

「断食後のリバウンドがコワイ……」なんて悩んでいる方こそ、“プチ断食”は必見です! 正しいプチ断食(ファスティング)を実行することで、かえって代謝がアップし、痩せやすく太りにくい体質になれるのです!

プチ断食に必要な日数

プチ断食にさまざまありますが、本記事では2、3日程度の短期間のプチ断食を想定しています。こんなに短期間でも、ちゃんと効果が期待できます。断食初心者でも、週末などに気軽に始められますね。

プチ断食に期待できる効果とは?

短期間のプチ断食であっても、以下のような4つの効果が期待できます!

  1. 腸内環境を整える
  2. 消化酵素を節約して代謝がアップ
  3. 細胞や血液の浄化(デトックス)効果
  4. 摂取カロリーを抑えてダイエット効果

それぞれ詳しくみていきましょう。

腸内環境を整える

食べ物をお腹いっぱい食べる生活を続けていると、胃腸で消化しきれない栄養分が出てきてしまい、だんだんと腸に溜まってきます。夕食後にすぐ寝るような生活パターンは、消化不良の原因になってしまうのです。

このように不健康な生活を送っている人の腸内環境はどうなっているのでしょうか?

体内で吸収できなかった食物はやがて腐敗し、これが悪玉菌のエサになります。食べ残しがあればあるほど、どんどんどんどん悪玉菌が増殖していくことに……。

では、悪玉菌が増えるとどうなるのでしょう?

悪玉菌が増える→便秘や下痢を引き起こす→大腸から血液に有害物質が送られる

こういった悪循環が生じます。

⇒ここでプチ断食をすると?

食べる量が減るため、消化不良が起こることもなく、悪玉菌のエサとなる栄養もないため、悪玉菌増殖の危険性もなくなります。

つまり、「善玉菌優位の腸内環境」ができあがるというわけです。良い意味のリセットがかかるんですね。

消化酵素を節約して代謝がアップ

人間の体内には酵素が存在していて、これを“潜在酵素”と呼びます。

この潜在酵素は、「食べ物の消化を助ける消化酵素」と「生命活動を維持するための代謝酵素」の2種類に分かれます。潜在酵素は必要に応じて、消化酵素と代謝酵素に振り分けられています。

ダイエットにおいて注目したいのは、代謝をアップさせる代謝酵素の働きのほう。ですが、胃腸の中に食べ物が入った状態だと、消化酵素に使われる酵素が増えてしまい、結果、代謝酵素の分が減少してしまうことに……。

だからこそ、プチ断食が重要なんです!

消化酵素に使われる分を節約→代謝酵素分が増える→代謝アップ→ダイエット効果! という良いサイクルが期待できるのです。

細胞や血液の浄化(デトックス)効果

先ほど少し触れた、「大腸から血液に有害物質が送られる」悪影響とはどういうものなのでしょう?

腸内環境が不調で、老廃物がうまく排泄されないと、便秘や下痢といった状態になってしまいます。この残った老廃物は、“浸透圧”という仕組みによって、大腸から体中の細胞に送り込まれてしまうのです。

この場合の“浸透圧”とは、老廃物の濃度をからだ全体で同程度にしようとする原理のことです。大腸に溜まった老廃物は、大腸内の濃度を薄めようとして、血液や細胞に老廃物を送り込み、バランスを取ろうとします。

結果、大腸内に留まっていた老廃物の毒素が、体全体にバラまかれることに……。なんとも恐ろしいですね!

ここでプチ断食の出番です!

プチ断食をする→腸内環境が整い、大腸内の老廃物がなくなる→大腸内がスッキリ

すると、今度は逆の流れがおきます。

血液や細胞に溜まっていた毒素や老廃物が、濃度を均一にしようとして大腸へ再び戻っていく→便として排出される

結果、細胞や血液もイキイキ、サラサラになるということに! 肌がキレイになったり、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待できますね。

また、プチ断食をすると、記憶力や集中力がアップするというケースもあるようです。血液がサラサラと流れれば、脳へ効果的に酸素を運べる、というわけです。美容にも健康にもいいことづくめですよね!

摂取カロリーを抑えてダイエット効果

人はなぜ、太るのでしょう? 単純にいうと、日々の「摂取カロリーと消費カロリーの差」です。つまり、摂取カロリーのほうが多いと太るのです。もっと言うと、消費カロリーを増やせば痩せられるということ。

消費カロリーとは、呼吸や鼓動など、意識しなくても自動でおこなわれている生命維持活動=基礎代謝と、筋トレやジョギングといった運動で消費するカロリーの合計で決まります。

プチ断食をすると、当然摂取カロリーが大幅に減少するため、消費カロリーが上回って、短期間で痩せるということになります。

「なら、食べる量をとにかく減らせばいいのでは?」と思った人もいるかもしれませんが、その考えには注意が必要です!

人間のからだは、摂取カロリーが減り、必要な栄養素が不足してくると、「筋肉の一部を分解して必要なエネルギー源に変える=カタボリック」という状態が起きてしまいます。

筋肉が減少すれば、基礎代謝が悪くなり、消費カロリーも低下します。また、疲れやすくなったり、怪我をしやすくなったりと、日々の活動にも支障が出てくることもあるでしょう。

消費カロリーが低下すれば、ダイエット前と同じ食事量を食べても、摂取カロリーが消費カロリーを上回りやすくなる→太りやすくなる……ということになってしまいます。

なので、過度の食事制限はやめましょう。

プチ断食でも、筋肉の減少は多少ありますが、腸内環境を整えることによる、基礎代謝アップ分のほうが上回ることが多く、短期間のため支障はあまりないので、気にしすぎないほうがよさそうです。

心配な人は、ちょっとした筋トレや運動を無理なく取り入れて、筋肉量アップを目指してみてもよいかもしれません。

日々の生活の中にプチ断食を上手に取り入れて、健康な毎日を過ごしたいですね。