【本当は怖い酵素不足】何となく体調不調が続く…その原因は酵素不足?!

病院に行くほどではないけれど、体がだるい…。なんとなくしんどい…。そんな状態が続いてお悩みの方も多いのでは?

東洋医学では、この状態を未病(みびょう)といいます。まだ病気にはなってないものの、今後病気になってしまう可能性があるという、イヤーな状態。

慢性化してツライ症状がずっと続くのは困りますよね……。本当に病気に発展してしまう前に、なんとかしたいものです!

その不快症状は、酵素不足が原因かも?

ところで……皆さんの中には、こんな不快症状でお悩みの方も多いのでは?

  • 冷え性
  • 肩こり
  • 腰痛、関節痛
  • 便秘
  • 胃腸の不調(胃もたれ、胃痛、お腹のハリ)
  • 不眠症(寝つきが悪い、夜中に目が覚める)
  • 倦怠感(疲れやすい、だるい)
  • 生理不順
  • めまい、耳鳴り

1つでも当てはまる人は要注意! こういった諸症状は、酵素不足と深い関係があるのです。

酵素不足になるとどうなる?

酵素不足の状態になると、体内に老廃物を溜め込みやすくなり、新陳代謝機能が低下してしまいます。そうすると、便秘や胃腸不良を引き起こしたり、肌荒れの原因となってしまうのです。

血流も悪くなるため、肩こり、腰痛の原因となったり、血流が悪くなってドロドロ血になり、さまざまな不快症状へとつながっていくのです。老廃物を体外へきちんと排出できないと、免疫力も低下してきて、大病の原因になる可能性も……

また、酵素不足は自律神経の働きにも悪影響を与えてしまうとか。寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるといった、睡眠障害を引き起こしてしまいます。

酵素不足が原因で起こる5つの病気

これまで述べてきましたが、酵素不足はさまざまな不調の原因となってしまいます。酵素不足が続くと、こんな病気になってしまうかも……↓↓

  • 糖尿病
  • 肝機能障害
  • うつ病
  • 不定愁訴
  • ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームって?

“ロコモティブシンドローム”って、あまり聞いたことがないワードですよね。これは、「運動機能が著しく低下する症状」のことです。骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰え、“運動器の障害”がある状態で、将来的には“要介護”になるかもしれない、コワーイ症状。

↓↓こんなケースは要注意↓↓

  • 家の中でつまづいたり滑ったりする
  • 15分程度続けて歩けない
  • 片足立ちで靴下を履けない
  • 掃除機をかける、布団の上げ下ろしなどが困難

ロコモティブシンドロームって?

日常生活レベルの運動が困難な状況です。これは困りますよね。加齢によってどうしてもこういうことは起こってきますが、最近は若年層でも、運動不足や不規則な生活のために、ロコモティブシンドロームになることもあるとか。

酵素不足でうつ病も!

「酵素不足とうつ病は関係あるの?」と思われた人もいるのでは? うつ病というと、仕事とか人間関係のストレスでなるイメージがありますよね。

実は、ストレスというものはどんな人でも受けているものなのです。でも、みんながみんなうつ病になるとは限らない。なぜでしょう?

それは、本来、人間の体内にはストレスを跳ね返す力があるからです。ストレスを受けると、“活性酸素”が発生しますが、人間は“免疫力”によって、それを除去する力をもっているのです。

しかし、酵素不足になると免疫力が落ちるため、活性酸素を抑えることができず、体内にダメージを与えることに……。

“適度なストレス”は、人間にとって良い刺激になり、やる気がアップしたり、メンタルを強くすることに貢献します。

ですが、免疫力が低下して弱った状態だと、“適度なストレス”すらダメージになるという状態になり、さまざまな病気を招いてしまうという悪循環になってしまうのです。

そんな状態にならないためには、どうしたらいいのでしょうか? それをこれから紹介していきますね。

酵素不足を克服しよう!今からできる食生活

まず、私たちができる身近なこと……それは生活の改善ではないでしょうか?

◆酵素不足を予防する生活とは◆

  1. 早寝、早起きを心掛ける
  2. よく噛んで食べる
  3. 腹八分で満足する
  4. 酵素を多く含む食品を摂取する
  5. 酵素ドリンク・サプリメントをうまく取り入れる

“早起きは三文の徳”といいますが、やはり早寝&早起きは体に良いもの。

そして、やはり“食べること”は、身体の健康に直結しますよね。

よく噛んで食べる

1口で30回は噛んで食べましょう。戦前は1度の食事で1300回以上噛んでいたところ、現代では600回ほどしか噛んでおらず、半分以下というデータもあるようです。

「なぜ、噛んだほうがいいの?」と思う人もいるかもしれませんね。これには化学的根拠があり、よく噛むことで食品を消化する酵素“唾液アミラーゼ”が分泌され、これが炭水化物の分解を促すのです。

つまり、よく噛み、ゆっくりと時間をかけて食べることで、有効な酵素が消化をどんどん助けてくれるというわけ。

腹八分で満足する

食べる量も考えましょう。「もうちょっと食べたい」と思うくらいで、あえて箸を置いて食事を終えるようにします。

酵素を多く含む食品を摂取する

生で食べられる食材のお刺身、生野菜、生のフルーツや、発酵食品の味噌や醤油、漬物を積極的に摂取しましょう。

酵素ドリンク・サプリメントをうまく取り入れる

日々の生活に、酵素サプリメントをうまく取り入れるのもよさそうです。

つまり、「よく噛む→ゆっくりと食事をする→腹八分目で終える、酵素を含んだ食事や成分を積極的に摂取する」

これらを意識していくことで、酵素不足解消→血液サラサラ→新陳代謝の良いサイクルとなり、健康な生活につながっていくことでしょう。酵素を上手に活用していきたいですね!